脳梗塞リハビリぬまづのブログ

2020.11.30

リハビリの成果!(^^♪ (11/16回目)

こんばんは!

先日リハビリさせて頂いた方の写真です!

 

装具を外したいという希望がある方ですが、とうとう外でも外して歩くことができました!(^^)!

 

しかしまだまだ課題は多いです

〇内反(足首が内側に曲がること)があることで転びやすい

〇歩行スピードが屋外歩行の基準に達していない

〇段差や不整地などの練習

など。

また本人が外したいと言っていたとしても、周囲の医療介護スタッフ(医師・ケアマネージャー・理学療法士・作業療法士)の認可がないと外すのはよろしくないと僕は考えています。

 

この方はそのあたりをクリアしていますので、あとは外す練習のみ!(^^)!

 

まだまだ頑張りましょう!!

 

(※本人同意の下、内容掲載)

2020.11.23

無料体験のリハビリ紹介!

女性 (年齢非公開)

 足・腰の痛みにお悩みの方

 

≪お悩み≫

『仕事柄走らないといけない場面があるのですが、痛くてあまり走れません。』

『子供に会いに行くとき運転するのですが、その際に足が痺れてきます。』

 

リハビリ前の状況

 〇歩行時痛あり

 〇体の回旋は良好

 〇骨盤・肩甲骨位置不良

 〇股関節伸展不良

 

≪目的≫

〇足の痺れは、いわゆる坐骨神経痛が疑われる。

 ⇒坐骨神経の評価では陽性であるため、坐骨神経痛は存在している。

  坐骨神経痛が起きている原因は脊柱ではなく、お尻の中の筋肉の張りであった。

〇腰椎(腰骨)の負担の原因が、胸椎にある

 ⇒主婦のため睡眠障害もあり、ストレスも相まって自律神経障害も起こしているため、改善必須。

 

≪リハビリ内容≫

     短縮(固く)している筋肉のストレッチ

     筋肉の自動化(自分で使いこなす)

     肩甲骨や骨盤の動かし方を学習

     呼吸法の指導

 

≪リハビリ後≫

〇歩行時の痺れ減少(走るまではリハビリ非実施)

〇腰部の張り感減少(筋膜可動性改善)

 

 

≪最終目標≫

〇運転で足の痺れが出現しないようにする。(姿勢改善と体幹機能向上)

〇仕事場でも痛みなく走れるようにする(歩行時の姿勢と走るフォームの改善)

 

(※本人同意の下、内容掲載しています。)

2020.10.31

本日のリハビリ成果の紹介!!

こんにちは!

天気も良くなり今夜は久しぶりのハロウィン満月ですね(#^.^#)

 

今日の13001430枠でリハビリを実施した女性で、喜ばしいことがありましたので報告します!(^^)!

 

この女性は車椅子で生活をしており、外は歩いたこともなく入院期間中も歩行訓練をあまり実施しなかった方です。

8月から当施設(脳梗塞リハビリ沼津)を利用して頂いているのですが、ついに

銀行へ歩いていきました!!(^^

 

もちろん私が送迎をしましたし、近くで見守りましたが、介助はなく一人でATMまで歩きお金を引き出すことができました!(私がお金を引き出させた訳ではないですよ(;´・ω・)笑)

 

皆様からしたらたったの10mかもしれませんが、脳梗塞のかたの10mはものすごく大変です。

この10mの間に『滑り止めマット』『排水溝』『自動ドア』『人の行き来』『ATMの操作』など、本人にしかわからない“壁”があります。

これが病気をしていない人にはわからない“バリア”です。

 

簡単にバリアフリーとは言いますが、すべてを理解することは難しいです。

 

本人様はどこか達成感があり、そしてとても疲弊していました(;^ω^)

ですが意欲も沸き、もっと歩けるという自信もでてきていました(^^)

 

皆様に伝えたいことは、

『何事もチャレンジすること』

『歩かせてケガしたらどうするのではなく、ケガしないように歩くためにはどうしたらよいかを考えること』

『身近に大変そうな人がいたら心に余裕をもって助けてほしい』

ということです!(^^)!

 

 

P.S:ご本人様が一生懸命歩いてATMに向かっているのにそれを抜かして一番近くのATMを利用した人がいました。

その方は決して悪気はなく、何も悪いことはしていませんが、優しくして頂けたらもっと障害者の方々が過ごしやすい世の中になるなぁと思いました。

皆様も同じような世界観だととても嬉しく思います。

 

(※本人同意の下、内容掲載しています。)

2020.10.23

ご利用者のリハビリ内容(2クール目)

70代 男性

脳梗塞 左片麻痺

 

≪お悩み≫

 『今は杖で歩けますが、外を歩くとき不安がありますね。』

 『左肩がとにかく痛くて挙がりません』

リハビリ前の状況:〇家の中でも掴まりながら歩くときがある

  〇杖で屋外歩行可能(100m程を30分くらいかけて)

  〇転倒歴あり

  〇左手はほぼ使用していない

 

≪目的≫

 〇屋外は歩けるが、歩行速度やバランス能力は屋外を歩けるレベルにはない。

 ⇒歩く姿勢(見た目)より、歩く効率向上のため麻痺していない側を改善する。

 〇左の指は動かすことが可能であるが、日常において使用していない。

 ⇒左肩の痛みが強く、そもそも左腕自体を動かせないため、まずは痛みを解消する。

 

≪リハビリ内容≫

     短縮(固く)している筋肉のストレッチ

     筋肉の自動化(自分で使いこなす)

     左肩の疼痛軽減(肩甲骨の位置不良、痛みの過敏状態の抑制)

 

≪現在の状態≫

 〇家の中では掴まらずに歩行可能

 〇一人で近くのスーパーまで歩く訓練をほぼ毎日している

 〇左肩の痛みは軽減(まだ大きく動かすと痛い)

 

≪今後の目標≫

 〇歩行は、家の中だけは装具を外せるようにする。

 〇左肩の筋肉が損傷しているため、手が上がらない。

 ⇒可動域は改善したため、生活に必要な可動域まで自分で動かせるようにする。

(※本人同意の下、内容掲載しています。)

左手はここまでしか上がらない(痛みが出現)

脳梗塞リハビリ ぬまづ

〒410-0059
静岡県沼津市若葉町14-16
メゾン・ド 美菜里杏 弐番館