リハビリ紹介

体力トレーニング

①筋力トレーニング

立つ・歩くために必要な筋力をつけます。

トレーニングは、最高挙上重量の50%の負荷で10回×3セット、週2-3回の頻度で実施します。負荷は最大150kgまでかけることができます。

当施設では、最大挙上重量膝伸展筋力および膝伸展筋力体重比を2ヶ月に1回測定しています。


②有酸素運動

基礎的な全身の持久力をつけます。

トレーニングは、年齢・安静時心拍数・目標強度から目標心拍数を設定し、主に脈拍一定モードを20分(目安)実施します。

当施設では、推定最大酸素摂取量2ヶ月に1回測定しています。

歩行トレーニング

①下肢装具の選定

今の状態に合った下肢装具を選定します。

代表的な評価用装具(ゲイトイノベーション・ゲイトソリューション・オルトップLHプラス・オルトップLH)を揃え、症状・動作能力・生活様式に合った装具を選定します。

当施設では、下肢装具の種類・角度、破損の有無を定期的にチェックしています。

②部分免荷トレッドミルトレーニング

トレッドミル

転倒しない環境で歩行速度・歩行耐久性を改善します。

トレーニングは、免荷量を軽減し、歩行速度が増大するよう段階的に難易度を調整します。免荷量は体重の0-20%、歩行速度は3.6km/hを目標に実施します。

当施設では、5m歩行スピード・Berg Balance Scale(BBS)を2ヶ月に1回測定しています。

上肢トレーニング

①マシンを用いた肩/肘の反復トレーニング

反復運動により肩/肘の動きを改善します。

トレーニングは、ペダル負荷(8段階)を設定し、麻痺した上肢(特に肩・肘)の屈伸運動を反復します。

当施設では、Stroke Impairment Assessment Set(SIAS)の麻痺側運動機能 SIAS-Motorを2ヶ月に1回測定しています。

②電気刺激を併用した課題指向型トレーニング

電気刺激を併用し、指を伸ばす動き・指を開く動きを改善します。

トレーニングは、IVES(アイビス)による電気刺激の強度・感度を調整し、麻痺した筋肉の動きに合わせた電気刺激を与えます。実生活で達成したい動作(課題)を決定し、難易度を調整しながら、動きを反復します。

当施設では、Stroke Impairment Assessment Set(SIAS)の麻痺側運動機能 SIAS-Motorを2ヶ月に1回測定しています。

周辺サービス

①歩行神経筋電気刺激装置 L300Goのレンタル

フランスベッドの歩行神経筋電気刺激装置 L300Goのレンタルを検討できます。

当施設は、フランスベッドの歩行神経筋電気刺激装置L300Goのレンタルついて、フランスベッドの専門家と連携しています。

②義肢装具士による装具の評価・作製・修理

松本義肢

松本義肢製作所の義肢装具士による装具の評価・作製・修理を検討することができます。

当施設は、装具の評価および自費での作製・修理について、松本義肢製作所の義肢装具士(PO)と連携しています。

施設内観

脳梗塞リハビリ ぬまづ

〒410-0059
静岡県沼津市若葉町14-16
メゾン・ド 美菜里杏 弐番館