脳卒中の後遺症に特化したリハビリ施設

3分でわかる
脳梗塞リハビリぬまづ 

当施設について ABOUT

 リハビリを受けたくても受けられない、いわゆる「リハビリ難民」が増加し、新しい選択肢として自費(保険外)リハビリ施設が誕生しました。
現在、主要都市を中心に全国に展開され、約100施設の自費(保険外)リハビリ施設が存在しています。

脳梗塞リハビリぬまづは、静岡県東部地区には数少ない脳卒中の後遺症に特化した自費(保険外)リハビリ施設です。

 当施設のコンセプトは「受けられるはずのリハビリを地域へ」です。
脳梗塞リハビリぬまづは、①個々の利用者様の価値観・希望、②最善の根拠、③セラピストの知識と技術を総合的に判断し、良質なリハビリ、すなわち「受けられるはずのリハビリ」を提供できるよう努めます。

こんなお悩みを解決します WORRIES

✅ もっと歩けるようになりたい!
✅ 家族の介助負担を減らしたい...
✅ 自宅のトイレに行けるようになりたい!
✅ 麻痺している手をもう少し使って生活したい!
✅ 復職したい!
✅ 介護サービスと併用してリハビリの量を増やしたい!

 

リハビリ紹介 TOOL

1

IVES(随意運動介助型電気刺激装置)

IVESは、筋肉の動きを電気信号として読み取り、動きに応じた電気刺激を筋肉にあたえるものです。
当施設では、主に上肢(肘、手、指)の後遺症により、生活動作にお困りの方に対して使用します。

2

ゲイトイノベーション(機能型下肢装具)

脳卒中のリハビリにおいて、装具を使用した歩行訓練は推奨されています。当施設では、麻痺側の足にうまく体重が乗らない、足首が固く足がしっかりと地面につかない方などに対して使用します。

利用者様の声 VOICE

IMG_0778 2
70代 男性 脳出血

諦めたくない!

 脳梗塞発症から5年以上経つと、どこの病院でもリハビリを受けさせてはもらえませんでした。介護保険のリハビリの時間は短く、もっとリハビリして良くなりたいという気持ちが強かったためケアマネジャーさんに相談したところ、沼津にも自費リハビリが出来たとの事で体験利用することとなりました。
 体験をしてからは、何にも掴まらず杖なしで歩けるようになりました。契約後には、転びそうになっても咄嗟に反応が出来るようになり、バランス感覚が持てるようになったのです。周りの人からも歩き方が良くなったねと言われ、自信が持てるようになりました。
 ここでは今の自分の身体の状態を詳しく教えてくれ、どのようなリハビリをすればよいか適切に指導してくれます。
 適切なリハビリをすれば必ず効果が出るということを自分の体験を通して広めていければと思います。希望者には送迎もしてくれますし、体験時から丁寧に身体や病気の説明をして出来ること出来ない事をはっきり言ってくれます。まずは体験すると効果が実感できると思います。

50代 女性 脳梗塞

日頃の悩みがスッキリしました!

 脳梗塞を患い、後遺症に悩んでいたのですが、見た目にはほとんど現れず周囲の方に分かってもらえない日々を過ごしていました。
 そんな時に脳梗塞リハビリぬまづを見つけ電話をかけたところ、親切に対応していただき、体験申し込みをしました。
 後遺症の難しさや、なぜこんなにも歩きにくく、仕事に支障をきたしているのか細かく教えていただきました。
 一番は、体の改善はもちろんのこと、心のケアまでしていただ
けたのが救われました!
 後遺症に悩んでいる方は、一度来てみる価値はあると思います!

40代 女性 脳出血

歩けることに感動しました!

 退院してからも、左手足が麻痺しているので、手を使う作業に不自由さを感じました。とにかく自分の思うように動けないことに悲しくなることがありました。
 少しでも手足が動く可能性があるならまだまだリハビリしたいと思っていたところ、担当のケアマネージャーの方に「脳梗塞リハビリぬまづ」を教えてもらいました。
 今まで歩くのは危ないと言われ、歩行訓練ができなかったのですが、体験の際に歩行訓練を実際にやってもらえて、杖や手すりがあれば、何とか足を出せるということに気付けました。
 病院や介護のリハビリでは、厳しいことにもなかなか挑戦させてもらえませんでしたが、ここでは、私がやりたいと云ったことは大変と分かっていてもトライさせてくれて嬉しかったです。
 ここの施設は、退院後もまだ、もう少し機能回復したいと思っている方に勧めたいです。

20代 男性 もやもや病

右手をうまく使えるようになりたい...

 発症前は何も問題なく生活していました。しかし、もやもや病になってからは右手の細かい動作ができなくなってしまいました。
 発症してからはリハビリもあまり受けられず、左手を中心とした生活が毎日で、右手はほとんど使っていませんでした。 
 左手だけでは不便で、右手も少しは使えるようにして、また仕事に就けるようにと思いリハビリをしようと思いました。
 こちらの施設を利用してからは、まだ完璧とは言えませんが体の動かし方や、力の抜き方、指のかたちを作る(曲げる、キープ)正しい指の使い方ができるようになったと感じています。少しずつ変化し始めているなと思います。
 先生方も気さくで話しやすく、リハビリを一生懸命教えてくださり、どこのリハビリよりも受けて良かったと思わせてくれました。
 僕と同じ悩みで、どうしていいかわからないような方にここの施設を紹介したいです。
 自分自身の意見をくみ取ってもらえるので安心して通えます。

よくあるご質問 Q&A

脳梗塞以外の疾患でもリハビリは可能ですか?

可能です。
脳梗塞のほかに脳出血・くも膜下出血などが脳卒中に含まれています。
その他、神経系・筋骨格系の疾患等の方が利用されています。
過去には、パーキンソン病・脳脊髄液減少症・水頭症・もやもや病・ワレンベルグ症候群・ウェルニッケ脳症・痙性対麻痺・脊柱管狭窄症術後・腰椎圧迫骨折・坐骨神経痛・交通事故後遺症頚椎捻挫・変形性関節症・肺炎の方が利用されました。
当施設は脳卒中専門の自費(保険外)リハビリ施設ですが、その他の疾患の方に対してもお役に立てる場合がございますのでお気軽にご相談ください。

発症から時間が経過していても効果は期待できますか?

一般的に脳卒中は発症後6ヶ月で著しい回復が望めない時期に達すると言われているため、完治は困難です。
しかし、当施設は多様なプランを用意しており、改善の余地があります。
また、リハビリの対象は麻痺の回復のみならず残存機能を高めることや環境設定にもおよびます。
「未実施のリハビリ」「まだ高められる機能」「もっと工夫できる環境」が本当にないか、当施設で是非チェックさせてください。
当施設には、発症から数年が経っても効果を実感している方が多数いらっしゃいます。

介護保険下のデイサービスや訪問リハビリとの違いは何ですか?

リハビリの『量』と『設備』です。
介護保険下のリハビリ提供時間は有限のため、結果的に身体機能を維持することが精一杯のケースが多々あります。
当施設は1回90分・週2日・60日間のリハビリの『量』を提供しています。
さらに、電気刺激装置・下肢装具の『設備』を整え、脳卒中の後遺症(麻痺・歩行障害など)に特化したリハビリを提供しています。

どのような利用者が多いですか?

主にリハビリテーション病院を退院後、さらなるリハビリを求める方に選ばれています。
沼津リハビリテーション病院、NTT東日本伊豆病院、リハビリテーション中伊豆温泉病院、中伊豆リハビリテーションセンターを退院された方が多く利用されています。
詳しくは「利用者様データ」をご参照ください。

プラン・料金 PLAN・PRICE

無料体験プラン

0円

まずは無料で体験いただくコースです。
セラピストによるカウンセリング・評価・プランの作成と実施など、リハビリの流れを体感することができます。

本コース(16回コース)
60日集中リハビリプラン

302,500円(275,000円+税)

無料体験プランを試行し、ご納得いただいた方が利用する当施設の基本コースです。

1回90分、週2回、60日間の集中的なリハビリを推奨しています。

アクセスマップ MAP

まずはお気軽にお問い合わせください

症状や適したリハビリはひとりひとり異なります。
お話を伺ったうえで、その方に合ったリハビリを実施していきます。
些細なお悩みでも構いません、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

Tel.0120-377-330

〔電話受付時間〕 月~土 9:00-18:00

脳梗塞リハビリ ぬまづ

〒410-0059
静岡県沼津市若葉町14-16
メゾン・ド 美菜里杏 弐番館