ご家族の皆様へ

突然のご病気でさぞ大変なご心配・ご苦労をしていらっしゃることと思います。
高齢化・医学技術・脳卒中の早期発見が進み、以前は助からなかった病気も、今は救える可能性が高くなってきました。

「命があるだけでもありがたい」というお気持ちももちろんおありでしょうが、出来ることなら、発症前の健康な身体に戻ってほしいというのが本音でしょう。ご本人様だけではなく、ご家族様も一緒に後遺症と戦い、以前のような動き、以前に近い動きを取り戻したいですね。

脳梗塞リハビリぬまづは、ご本人様にもご家族様にもしっかりと寄り添い、専門的な知識でリハビリや助言を行い、少しでもお役に立てるようサポートさせて頂きたいと思っています。

長く継続してリハビリを続けていくために

脳梗塞を発症すると後遺症を抱えてしまうことが多く、寝たきりになってしまうケースもあります。
せっかく退院しても、介護生活がずっと続くのはご本人様もご家族様も大変でしょう。
また、再発もしやすい疾患です。寝たきりにならないように、介護が最小限で済むように、再発しないように、退院後もリハビリを続けることが大切です。

ストレスを抱えないように専門家に頼って下さい

退院の際に病院からどのような助言を受けましたか?「再発に注意してください」「なるべく身体を動かしてください」などでしょうか。リハビリ方法や介助方法の指導も受けましたね。そこで実際にご自宅に帰られてからはいかがでしょうか?予想もしなかった困難や、病院では出来ていたことが出来なくなる悔しさにぶつかっていらっしゃるのではないでしょうか。

再発予防の運動も、介助の仕方も、退院から刻々と変化していく身体機能に合わせて変更する必要があります。病院と同じようなリハビリを、公的な介護サービスで継続していくのは困難です。家庭の中だけで抱え込んで悩むのは良くありません。どうぞ私たちのような専門家にご相談ください。

脳梗塞リハビリ 専門家

脳梗塞リハビリ体験プラン

やりたいことを諦めないで下さい

これからどのようなことをやりたいですか?
「家事をやりたい」「仕事に復帰したい」「趣味のサークルに復帰したい」「ひとりで出掛けたい」など、やりたいことはたくさんあられることと思います。

でも、ご家族様は心配ですよね。
ご本人様の夢は叶えてあげたいけれども、無理をして再発や怪我に見舞われては困るというお気持ちでしょう。

脳梗塞リハビリぬまづでは、ご利用者様の「やりたい」というご希望や目標を叶えるために、その片だけのリハビリプランを作成し、マンツーマンでリハビリを実施していきます。やりたいことを諦める必要はありません。
ご本人様、ご家族様、私たちスタッフでひとつのチームを作って、夢や目標に向かってリハビリを進めていきましょう。

諦めないで 脳梗塞

リハビリに対するモチベーション維持のために

リハビリを継続していくために、脳梗塞リハビリぬまづでは下記の3つのポイントを大切にしています。

ポイント1:短期間での目標達成

短期間で後遺症からの改善を実感することには意味があります。それはモチベーションのUPです。

ご本人様は、マイナスな思考に偏っておられるかもしれません。今まで出来ていたことが出来ないという失望感、早く治りたいという焦り、状態を理解してもらえないイライラ。そのようなマイナスな思考を、なるべく早くプラスに変える必要があります。

脳梗塞リハビリぬまづでは、適切な「短期目標」の設定、その達成に向けた「リハビリプラン」の作成を専門スタッフがサポートしています。

ポイント2:改善する喜び

大きな変化でなくても、少しずつ改善していることを実感することが大切です。

一歩でも前進していることで希望が生まれ、気持ちが前向きになりますので、そのモチベーションを大切にします。

脳梗塞リハビリぬまづでは、毎回リハビリの前後に専用シートで変化を細かく分析しますので、自身の変化を実感しやすくなっています。

ポイント3:継続したくなる気持ち

最初の目標を達成するとモチベーションがUPし、さらなる改善を目指して気持ちが高まります。

ですが、日々のリハビリが面倒になることや、リハビリに行くのが億劫になることもあるでしょう。そのような日は無理にリハビリをする必要はありません。ご家族様は、ご本人様の側に寄り添ってお過ごしください。

予約はお取りしていますが、ご気分が乗らない時は施術日や時間を変更することができます。

どうぞご連絡ください。

脳梗塞リハビリ ぬまづ

〒410-0059
静岡県沼津市若葉町14-16
メゾン・ド 美菜里杏 弐番館