パーキンソン病

パーキンソン病とは

パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。

人は体を動かそうとすると、脳の「大脳皮 質」から全身の筋肉に、運動の指令が伝わります。
このとき、私たちの意図どおりに体が動くように、運動の調節を指令し ているのが神経伝達物質の「ドパミン」です。
パーキンソン病になると、このドパミン神経が減少し、ドパミンが十分につ くられなる結果、運動の調節がうまくいかなくなり、体の動きに障害があらわれるのです。
現在、日本には約15万人の患者 さんがいるといわれ、高齢者に多くみられる病気です。

パーキンソン病には特有となる筋肉が硬い状態になりやすく、小刻 みな歩行や足がすくんだりという動作がよく見られます。
この筋肉の硬さは健常者が感じる筋肉の硬さとは異なり、パーキンソン病による神経的な要因から来る筋肉の硬さになります。

症状

パーキンソン病の主な症状は、運動障害とと非運動障害に大別されます。
運動障害はパーキンソン病の四大症状と呼ばれる

  1. ふるえ(安静時振戦)
  2. 動作が遅くなる(動作緩慢や無動)
  3. こわばりによる筋肉の動かしにくさ(筋硬直)
  4. 姿勢反射障害(バランス障害)

が主となります。

また、特徴的な歩行として「すり足」「歩く時に手が振れない」「最初の一歩目が踏み出しにくい」ことが現れることもあります。

体の動きと関連しない症状の非運動障害は、自律神経症状、感覚障害、精神症状、睡眠障害など、様々な症状があります。
自律神経症状には、便秘、立ちくらみや失神を起こす起立性低血圧、などがあります。感覚障害としては、嗅覚障害がみとめられます。その他、精神症状として不安や抑うつなど、不眠による睡眠障害があります。

症状の強さは個々で異なり、これらの症状がすべて出現するわけではありません。

脳梗塞リハビリぬまづでの施術方法

内科治療として薬

外科手術

運動(リハビリ)

予防

パーキンソン病は進行性の病気ですが、運動によって症状を抑え、運動機能を高めることは可能です。
パーキンソン病の特徴的な姿勢を知り、姿勢を変えることで動作も変えることができます。
また、パーキンソン病特有の筋肉が硬くなっている 状態では体の反応を司るセンサーの反応が鈍くなり、ますます筋肉は硬くなり動きが悪くなります。そのため、特徴を知り、ストレッチや運動を組み合わせることで動きやすさを改善し、症状を抑えることができます。
もちろん個人差はありますが、まずは継続した取り組みが大切になります。
症状が進行してしまうと、施術効果が弱まってしまうため、症状が軽い段階で取り組むことが何よりも重要になります。

脳梗塞リハビリぬまづで行うパーキンソン病のリハビリ

身体機能を維持・向上させるためのリハビリを目的として行います。
主な症状である歩行障害や姿勢障害、関節のこわばりなどの症状の進行を遅らせ、身体機能を維持・向上させることを目指します。

具体的には、

  1. こわばりをほぐす”鍼灸”
  2. 筋肉を整え・鍛える”リハビリ”
  3. 効果を長く保つ自主リハビリ指導

と3本の柱でリハビリを行います。

脳梗塞リハビぬまづだけの特別なリハビリをご提供します。
進行性の症状であるからこそ、リハビリが有効だと私たちは考えています。

脳梗塞リハビリ ぬまづ

〒410-0059
静岡県沼津市若葉町14-16
メゾン・ド 美菜里杏 弐番館