小脳疾患

小脳疾患とは

小脳は脳の中で大脳の次に大きな部位になります。
頭の後ろ側に位置し、主に運動機能に携わっています。また、運動体験を通し、それを認知する知覚の役割も持っています。
小脳失調にかかると、これらの能力に障害が出ます。
そのため、真っ すぐに歩けない、手が震えて物が取れない・字が大きくなる、言葉をうまく話せない、痺れる、等の症状がでます。
普段、できていたことが出来なくなるのが特徴です。
小脳失調症を引き起こしやすい病気は、脊髄小脳変性症や血管障害、アルコール性小脳萎縮症、自己免疫性疾患、などです。

脳梗塞リハビリぬまづでの施術方法

内科治療として薬

外科手術

運動(リハビリ)

予防

小脳の機能を維持するために、運動機能障害に対して歩行訓練やバランス訓練を実施します。
具体的には、運動失調に対し て小脳への固有感覚や視覚等の感覚入力を強化する介入が行われます。

具体的には、

  • 錘による負荷
  • 弾力帯装着をしての運動
  • フレ ンケル体操
  • 固有受容性神経筋促通法(PNF)

です。

また、リラクセーションや動作の反復練習、中間姿勢の練習も有効です。
廃用症候群を併発しやすいことから、筋力発揮の機会をつくることも必要であり、持久力低下に対しては自転車エルゴメーター(室内用の固定式ペダル自転車)などの有酸素運動や低負荷高頻度の運動、最大筋力の改善には自重を用いる方法や重硬・ゴムベルトを用いる方法などがあります。

脳梗塞リハビリぬまづで行う小脳疾患へのリハビリ

症状に合わせ、運動機能の向上を目的としたリハビリを行います。
主な症状である失調や知覚障害に対し、身体機能を向上・悪化予防をすることを目指します。

具体的には、

  1. 筋肉の固さをほぐす”鍼灸”
  2. 神経・筋肉を活性化させる”リハビリ”
  3. 効果を長く保つ自主リハビリ指導

と3本の柱でリハビリを行います。

脳梗塞リハビリぬまづだけの特別なリハビリをご提供します。
悩まれている方が多い小脳疾患の方に対してリハビリが有効だと私たちは考えています。

脳梗塞リハビリ ぬまづ

〒410-0059
静岡県沼津市若葉町14-16
メゾン・ド 美菜里杏 弐番館